ハクスラの隠れた名作、GrimDawn

前回、ハクスラの作品としてディアブロ3を紹介しました。

今回は、steamで大好評のハクスラGrimdawnについて紹介しようと思います。

複数のクラスの自由な組み合わせを楽しんだり、何かに特化したキャラも作ることができたりとユーザーの目指したいキャラを作りたいゲームとなっています。

では、紹介していきましょう。

GrimDawnとは

「girmdawn」の画像検索結果

世界中を天変地異が巻き込んだ世界。
イセリアルの出現、クトーン教団の増大、それらの衝突が重なり、人々の暮らしは破壊されました。
それらを止めるため、生き残った人々は世界奪還に向けてレジスタンスを形成している。

主人公はレジスタンスの一人として、世界奪還を目指します。

このゲームには、属性ごとに耐性が存在しています。

物理、火炎、冷気、雷、出血、毒酸、イーサー、刺突、カオス、生命力、ライフ吸収の11種類が存在します。

また、火炎、冷気、雷はエレメンタルという言葉で統一されています。

例 エレメンタル耐性+10%=火炎、冷気、雷それぞれの耐性が+10%

なので、エレメンタルと説明されていた場合3種類同時に上がるのでお得となります。

反面、どれかに特化している装備よりかは劣っていることが多いです。

耐性は、基本上限80%となっていますが装備によっては上限を上げることができます。

上限を上げることで、その属性の攻撃を防ぐ割合も増えるので上限を上げれる場合は上げていきましょう。

また、耐性は基本上限まで上げないと敵からの攻撃に耐えられなくなる場合が出てきます。

プレイヤーは敵の耐性を下げることが可能なのですが、それは敵も可能なので極力上限以上の耐性を盛ることが必要となります。

上限以上盛ったからといって、その数値が切り捨てられるわけではないです。

例 火炎耐性80%+20%の場合、敵からの耐性減少10%減少食らった場合、超えている20%から減少する。

このゲームには、装備やクラススキルの他に星座というのが存在しています。

こちらは、レベルアップのときに増えるのではなくフィールド内に存在している祠を開放することで1ポイントもらえます。

星座にポイントを振ることで耐性を上げたり、各攻撃力を上げたり特殊なスキルを上げることができます。

星座には5つの親和性があり、星座を取得するには前提の親和性ポイントが必要となります。

最終的に強力な星座はその分必要な親和性も必要なので、自分のキャラと相談してどの星座を取りに行くか決めましょう。

数々のクラス

GrimDawnの醍醐味は複数のクラスから、2つのクラスを組み合わせることができます。

また、各クラスのスキルも自由に取得することができるので自分の好きなクラスを目指すことができます。

  • ソルジャー
Soldier_Portrait.jpg

出典:GrimDawn wikiより

近接物理特化で、体力や装甲を高めるパッシブスキルを多数保有しており盾を装備した場合のみ発動するスキルも存在している。

基本は盾を装備して前衛でガンガン戦っていくクラスとなっています。

敵は物理に対抗するスキルを持っていることが少なく、こちらは物理耐性を下げることができるため大ダメージを与えやすくなっています。

ただし、物理特化の反面、精神が低くスキル発動のためのエナジーも低く各属性耐性を上げたりするのが困難なクラスとなっています。

  • デモリッショニスト
Demolitionist_Portrait.jpg

出典:GrimDawn wikiより

重火器や爆弾など設置系、投擲物スキルが多く、火炎やカオス、物理系スキルを持っています。

遠距離から攻撃するスキルが多いので、防御系スキルを持っているクラスと組み合わせるか遠距離を特化するためのクラスと組み合わせたりするのも有効です。

  • オカルティスト
Occultist_Portrait.jpg

出典:GrimDawn wikiより

ペットの召喚、ペット強化、デバフ関連のスキルを多く持っています。

属性としてはカオス、毒、生命系スキルを持っておりペットメインか各属性のどれかをメインにしたクラスを目指すことができます。

ただし、オカルティストのスキルだけで戦うのは乏しいので他クラススキルと組み合わせた戦い方を求められます。

  • ナイトブレイド
Nightblade_Portrait.jpg

出典:GrimDawn wikiより

各クラスの中で唯一二刀流を可能にするスキルを持っているクラス。

刺突、冷気、出血スキルを持っておりどれかに特化して戦うことができます。

短時間ではありますが、無敵になるスキルも持っているので振りたいスキルを多数持っています。

二刀流で攻めるか、他クラスのサブとして属性を上げるために使ったりすることができます。

  • アルカニスト
Arcanist_Portrait.jpg

出典:GrimDawn wikiより

エレメンタル属性、イーサーを上げるスキルをもっています。

イーサースキルを多く持っているのは、アルカニストだけなのでイーサー特化型クラスにするにはアルカニストはほぼ必須になるのではないでしょうか。

エレメンタル属性も上げることができるので、どれかに特化させるときにも選択肢の候補に挙がってくるクラスとなっています。

基本的に遠距離からの攻撃となりますので、防御スキルを持ったクラスとの組み合わせが必要となってきます。

  • シャーマン
Shaman_Portrait.jpg

出典:GrimDawn wikiより

両手武器を装備したときに発動できるスキルを持っており、雷、生命、出血スキルも持っているためどちらも生かすクラスを作ることが可能となっています。

しかし、相手の耐性を下げるスキルが少ないため他クラスでそこを補うようにしないといけません。

また、ペットスキルも持っているため前述したオカルティストと組み合わせてペット特化クラスも作ることができます。

  • インクィジター
Inquisitor_Portrait.png

出典:GrimDawn wikiより

第1弾DLCで追加されたクラス。

エレメンタル属性を上げたり、二丁拳銃を可能にするクラス。

二丁拳銃時のスキルも持っています。

他クラスではなかなか下げられない、イーサーとカオス耐性減少スキルを持っているため、イーサー、カオスメインのクラスを作る場合は重宝するクラスとなっています。

即時回復スキルや設置型のダメージ吸収スキルも持っているため、生存能力も高くなっています。

  • ネクロマンサー
Necromancer_Portrait.png

出典:GrimDawn wikiより

第1弾DLCで追加されたクラス。

生命、イーサー属性がメインのクラスで、ペットスキルも充実している。

ペットスキルは最大で10体ほど呼び出せるほどになるので、ペット特化型クラスにするのももちろん、単体で戦えるほどのスキルも持っているためどちらに転んでも対応可能なクラスとなっています。

特に戦闘を行いながら体力回復するスキルを持っているため、単体性能も高いです。

  • オースキーパー
OathKeeper_Portrait.png

出典:GrimDawn wikiより

第2弾DLCで追加されたクラス。

物理、火炎をメインにして戦うクラスとなり盾を装備しているときに使えるスキルも持っています。

反射ダメージ軽減やヘルス減少耐性などの貴重な耐性スキルを持っているので生存性能が高くなっています。

GrimDawnの装備説明

GrimDawnの装備は右手、左手、胴、脚、足、腰、腕、肩、頭、指2ヵ所、首、印章、メダル、レリックとなっており、セット装備もあります。

セット装備はそれぞれ装備する箇所が異なっており、指2ヵ所だけで発動するものや、武器とどれかの部位5ヵ所で発動するものなど様々です。

装備によっては複数のセット装備を発動することも可能ですので、自分の装備と相談して最終的なキャラを作っていけます。

装備によっては、レアな敵からしかドロップしないものも存在するので、目当ての装備がレアな敵からしかドロップしないのであれば根気が必要になります。

装備には、特定のスキルのポイントをプラスしてくれる装備が多数存在しています。

全クラススキルプラス装備も存在しており、スキルポイントを別なスキルに割り振れるようになったりします。

また、装備には特定のスキルの属性を別属性変化させたり追加効果を付与するなど様々な装備が存在します。

装備を決める上で必要なのは、耐性、装甲、セット効果が重要になると私個人は考えています。

特に耐性は、敵からのダメージを下げるのに必須ですので最重要ステータスでしょう。

ちなみに、単にダメージ割合を上げるよりかは敵の耐性を下げるようにしたほうが総ダメージは上がります。

ダメージ割合が上がる装備は、二の次に考えたほうがいいかもしれません。

星座について

星座は、耐性上げ、ダメージ上げ、体力上げ等様々な恩恵を受けることができます。

クラススキルや装備で補えなかった耐性を星座で補ったり、耐性下げが乏しいクラスに耐性下げを行える星座スキルを付与させたりと自由なカスタマイズが可能となっています。

星座の親和性は以下の5種類になっています。

  • Ascendant アセンダント
  • Chaos カオス
  • Eldritch エルドリッチ
  • Order オーダー
  • Primordial プライモーディアル

星座はTier1、Tier2、Tier3の3種類の星座があり、後半になるほど取得するのに必要な親和性が必要となります。

例 アセンダント20、カオス15が必要など

親和性はTier3以外、星座内のポイントをすべて取ることで特定の親和性を取得することができるので、組み合わせが必要となっています。

欲しいTier3を目指した星座の組み合わせを決めて行きましょう。

クラスの組み合わせ

冒頭でも記述した通りGrimDawnは2クラスを組み合わせて1つのキャラとして作成できます。

最初は1クラスしか選択できないのですが、10レベルになるともう1つクラスを選択することが可能となります。

しかし、スキルポイント各クラスに割り振られるのではなく総合してスキルポイントを割り振る形になるのでどのスキルをどれほど割り振るのかが重要となっています。

またスキルにポイントを振るためには、クラス自体に特定のスキルポイントを割り振る必要があり、各クラス最大50までクラス自体にスキルポイントを割り振れます。

50まで振らないと取得できないスキルもあるため、どれほどクラスにスキルポイントを割り振るのか考える必要があります。

各クラスには排他的スキルというスキルが存在するクラスがあります。

排他的スキルはクラスに50スキルポイントを割り振らないと取得できないスキルですが、その分強力なスキルとなっています。

排他的スキルは、複数取得はできますが複数同時に発動することはできません。

ですので、どれか1つに絞って取得することになります。

特定の属性ダメージを上げたり、敵の耐性を下げたりと様々な効果がありますのでまずは排他的スキルを目指してスキルポイントを割り振りましょう。

GrimDawnのまとめ

GrimDawnは非常にカスタム性の高いハクスラとなっています。

私も色んな特化型キャラを作成して、10キャラ以上は作成しています。

しかし、なかなか欲しい装備が出てこず四苦八苦している状態です。

しかし、時間を忘れるほどのめり込む作品となっていますのでハクスラのゲームが好きな方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

有志による日本語化パッチも作成されていますので、日本語化も可能です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください