ネプテューヌシリーズ、戦闘システム

ネプテューヌシリーズ、戦闘システム

前回、ネプテューヌシリーズについて軽く紹介しましたが、肝心の戦闘システムはどのようになっているか気になる方も多いと思います。

ですので、今回はメインのRPGジャンルのゲームを元に戦闘システムをご紹介します。

コンボメイクシステム

出典:超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 HPより

一番の核となる戦闘システムで自分なりに、コンボをカスタムすることができます。

例えば、△ボタンを押したあとの攻撃はこの攻撃に派生させるなど組み合わせは自由です。

ただし、最大4回までしかコンボを組み込めず、5回目はEXフィニッシュと言われる技に変更されます。

EXフィニッシュも自分でカスタムすることができ、4種類ほど自分で決めて相手に合わせて出す技を決めることができますが、技によってエグゼドライブゲージと呼ばれるゲージを特定の数分蓄積しないと発動できない技もあるのでバランスよくセットする必要があります。

技には、RUSH(△)、POWER(□)、BREAK(〇)の3種類がありそれぞれ、RUSHが攻撃回数が多い技、POWERには火力が高く攻撃回数が低い技、BREAKは敵のシールドを割る量が多い技をそれぞれセットできます。

コンボ技は、レベルアップによって技を習得していきます。

またEXフィニッシュにはアシストフィニッシュと呼ばれる技も含まれています。

これはPTを組んだ際に、キャラの後衛にキャラを設定したキャラとの好感度が一定量あれば発動することができます。

特殊技(SPスキル、エグゼドライブ)

出典: 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 HPより

各キャラにはSPスキルとエグゼドライブと言われる技を持っています。

SPスキルはSPをエグゼドライブはエグゼドライブゲージを消費して、技を使用します。

それぞれレベルやストーリー進行により技を習得します。

またエグゼドライブには特定のキャラ同士が戦闘に参加していないと発動できない技もありますので、PT編成は意外と重要です。

例 守護女神4人が戦闘に参加している状態など

状態異常

RPGゲームですので、状態異常も存在します。

状態異常については下記になります。

  • ヒール

毎ターン自動でHPがわずかに回復します。

毎ターンHPが自動で減っていきます。

  • スキル封じ

SPスキルが使用できない状態になります。

  • 麻痺

一切行動を行えなくなります。

  • ウィルス

女神化できなくなります。女神化状態中にウィルス状態になった場合は、女神化が解除されます。

この中で脅威なのは、やはり麻痺です。

麻痺状態になると、戦闘、スキル、アイテム使用などすべての行動を封じられますので麻痺になったキャラが出たらすぐに麻痺を回復しましょう。

戦闘フィールド

出典: 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 HPより

敵と接触したら、戦闘フィールド内で戦うことになります。

フィールド内は、自由動くことができます。

先ほどの攻撃には、範囲がそれぞれ設定されていて横長だったり縦長だったりと様々です。

その範囲内であれば複数体の敵を一度に攻撃することができるので、うまく範囲内に収めるようにフィールドを移動して攻撃しましょう。

敵には、ガード値が設定されておりこの値を0にすることでガードブレイク状態となります。

ガードブレイク状態の敵は大幅に防御がダウンするので、攻撃をたたみかけましょう。

しかし、敵のガード値は毎ターン回復していくので注意が必要です。

女神化

出典:超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 HPより

女神化できるキャラは戦闘中女神化することができます。

女神化するためには、最大SPの20%を消費することでステータスを上昇させることができます。

ステータス上昇はプロセッサパーツと呼ばれるカスタムパーツによって上昇する値や種類は変わるので、色々と試してみましょう。

ネプテューヌ戦闘システムまとめ

「ネプテューヌ 画像」の画像検索結果

出典:PS4ソフト一覧より

戦闘面では、プレイヤーが自由に設定できるシステムが多く見受けられます。

メイキングシステムが好きな方は、こちらに時間をかけてしまうかもしれませんね。

かく言う私も好きなほうなので、各キャラ技を習得するたびに相性の良いコンボを自分なりにメイキングしてしまいます。

コンボメイキング以外にもPTの前衛、後衛に誰と誰を組み合わせるとか女神化に影響のあるプロセッサパーツの組み合わせなど時間をかけてしまうシステムがあり、そちらに時間を取られてしまうことでしょう。

しかし、それも含めて楽しくおもしろいゲームとなっていますのでプレイしてみてはいかがでしょうか。

次回は、戦闘外のシステムについてご紹介していきます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください