VRを楽しむ機器それぞれの特徴とは?

VRを楽しむ機器それぞれの特徴とは?

現在のゲームに取り入れられているVRシステム。

しかし、VRゲームを家で楽しむためには、それ用の機器を購入しなければなりません。

今回はVR機器を紹介していきます。

PCVR機器

Oculus Rift S

出典:Amazon

Oculus Rift SはPCVR機器の中で価格と性能が良いVR機器となっています。

コントローラーは輪っかのような独特な形をしています。

後述するHTC VIVEとは以下の違いがあります。

  • センサーのトラッキング精度
  • メガネの方への使用感
  • 画質

特にメガネをかける方に対しては、ゴーグルとバンドの間が狭いためメガネを着けたままプレイできないのであまりオススメできないです。

コンタクトを付けるのであれば、大丈夫ですが。

ちなみに価格は約5万円ほどとなっています。

HTC VIVE

出典:Amazon

VR機器の中で一番高額となっているHTC VIVE。

公式サイトやAmazonで再販しても、すぐに売り切れになるほどです。

画質も良くトラッキング精度もよいため、業界の方々も購入するほどです。

HTC VIVEはいくつかモデルが存在しており、性能を求めるほど価格が高騰していきます。

価格は約8万円~10万ほどとなっています。

お金に余裕があり、性能の良いPCを持っている方でしたら購入してみてはいかがでしょうか。

PS4用VR機器

PSVR

出典:Amazon

PS4でVRソフトを可能にするVR機器。

性能の良いPCがなく、PS4持っている方にはオススメとなっています。

画質もそこそこで申し分のないVR機器となっています。

価格も約3万~4万と手頃なお値段となっています。

また、PCでPSVR機器を接続してプレイすることはできるのですが対応しているソフト少ないためあまりオススメはできないです。

PS4でプレイできる機器と割り切ったほうが良いかもしれません。

スマホ用VR機器

Oculus Quest

出典:Amazon

今年の5月に発売され好評となっているスマホ用VR機器Oculus Quest。

スマホ用VR機器もいくつか発売されていますが、他の機器と比べて性能が良くなっています。

  • トラッキング精度が良くなっている
  • Oculus社で販売しているVRソフトを遊ぶことができる

Oculus Questの特徴はトラッキングにあります。

今までのスマホ用VR機器は頭だけ動かすだけでしたが、こちらはコントローラーもついてきているため手を動かしたプレイも可能となっています。

また、Oculus社で販売しているソフトも遊べるためVR対応スマホアプリに限らず多数のソフトを遊ぶことができます。

センサー内にいないとプレイできない、線がからまってしまう等の不便さを取り除いている機器となっています。

ですので、野外でもプレイすることが可能のためプレイエリアを広げてくれます。

価格は64GBパックで約5万円、128GBパックで約6万5千円となっています。

価格的にお求めやすい価格となっているため、興味がありましたら購入してみてはいかがでしょうか。

VR機器まとめ

今、PCやPS4に限らずスマホにも取り入れられているVR。

得に5月に発売されたOculus Questは人気の商品となっています。

VRソフトも続々と発売されており、VRが浸透し始めてきました。

私はOculus Riftを購入してVRソフトを存分に楽しんでいます。

今回出たOculus Questも購入圏内に入れており、いつか購入したいと考えています。

みなさんも気になっていたり、VRソフトをプレイしてみたい方は環境にあったVR機器を購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください