エンディングまで泣くんじゃない、MOTHERシリーズ

エンディングまで泣くんじゃない、MOTHERシリーズ

「エンディングまで泣くんじゃない」

この言葉を聞いた方はいらっしゃる方は、MOTHERをプレイしたことがある方ではないでしょうか。

MOTHERは1989年にファミコンで発売されたRPGゲームです。

その後、2、3と発売されました。

スマブラではお馴染みのネスがPSIという超能力を得て世界平和のために仲間と戦うゲームとなっています。

MOTHERは当初そこまで名が広まっておらずマイナーなゲームとなっていましたが、スマブラにネスが登場したことにより「このキャラは誰だ?」というところから広まっていきました。

では、そんなMOTHERシリーズはどんなゲーム内容なのか見ていきましょう。

MOTHERのゲームシステム

出典:WiiU バーチャルコンソールより

MOTHER1は基本的に王道のRPGのようにランダムエンカウントでコマンド式のゲームとなっています。

普通のRPGと違う点は倒したあとに、「○○はわれにかえった」「○○はおとなしくなった」などのコメントが出てきて敵を倒すというより洗脳から解放するみたいな感じで敵を倒していきます。

また、倒したときには経験値は入りますがお金は銀行に直接振り込まれていきます。

RPGは決められたルートを進んでいく感じかと思いますが、MOTHER1はどこでも自由にフィールドを歩くことができるため、一歩間違えると非常に強い敵と出会ってしまいすぐに死んでしまうためNPCとの会話はちゃんと聞いてどこに行くかを聞いておかないといけません。

かく言う私も何度か初見殺しに合い死んでしまった場面がありました。

MOTHERはストーリーが非常に練り作られています。

またストーリー展開でNPCとの会話内容が変わることが多々あります。

そこらへんも含めて内容を楽しむことができるのがMOTHERとなっています。

MOTHER2からのゲームシステム

出典:WiiU バーチャルコンソールより

MOTHER2からはゲームシステムが変更されました。

まず、ランダムエンカウントからシンボルエンカウントになりました。

敵に接触するときは背後から接触すると必ず先制攻撃することができます。

逆に背後を取られたら先制攻撃を取られてしまうので注意です。

戦闘システムにも変更がされており、体力がドラムロール式というシステムになりました。

このシステムは、ダメージを食らうとすぐに引かれるのではなく少しずつ体力が引かれていきます。

なので致命的ダメージを食らったとしてもすぐには死にません。

死ぬ前に回復することで、減っている体力が回復数値まで回復することができます。

また減っている最中にバトルが終了すると減っている途中でドラムロールがストップし、そのときの体力となります。

うまく利用すれば死ぬまで敵に攻撃し、死にそうになってから回復するといった技術も使うことができます。

子供と大人で見る観点が変わる

出典:WiiU バーチャルコンソールより

子供時代にプレイしていたときと変わって大人になってからプレイするとストーリーを別の観点から楽しむことができます。

大人になってプレイしたときに「ここはこう言っていたのか」という発見はあるかと思いますが、MOTHERはプレイヤーに対する問い掛け的なものも含まれているため、考え方が変わってきます。

私も大人になってからプレイし、最後には感動していましたね。

ぜひみなさんにもプレイしていただきたい名作です。

MOTHERシリーズまとめ

1~3まで発売されたMOTHERシリーズは発売当初はそこまで有名になりませんでしたが、スマブラ発売後に有名になった作品です。

その後ストーリーやBGMが評価され、広まっていきました。

今後続編でMOTHERが作られるかどうかはわかりませんが、1~3はバーチャルコンソールで売られています。

私はMOTHERシリーズは1~3を一通りプレイして、2と3に関しては何度も周回プレイして隅々まで楽しみました。

ですが、まだ細かいネタが散らばっていると私自身思っていますので暇があったらプレイしていきたいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください