CDからモンスターを生み出す、モンスターファーム

CDからモンスターを生み出す、モンスターファーム

初代PS時代に発売された、育成戦闘ゲームモンスターファーム。

モンスターを育てて大会に出し、チャンピオンを目指すゲームとして有名なゲームです。

家庭用ゲーム機では、DS版、アプリ版でも配信されたゲームです。

当初斬新なシステムを取り入れたゲームですが、知らない方のために紹介できればと思います。

また、最後には重大発表もありますのでご覧いただければ幸いです。

モンスター生み出し方法

関連画像

今までのゲームの中で未だに類を見ないシステムが取り入れられていました。

それが、ディスクを読み込んでモンスターを生み出すシステムです。

ディスク読み込むのは、普通じゃない?と思ってる方もいるかもしれませんが、ゲーム中に他のディスクを読み込んでモンスターが生み出されるのです!

しかも、ディスクによって生み出されるモンスターが変わるのです!

例えば、ゲームディスクのときめきメモリアルを読み込むと「ナーガ」というモンスターが生まれたり、マライア・キャリーのアルバム、Merry Christmasを読み込むと「ハム」というモンスターが生まれます。

このように読み込ませるCDはゲームだけではなく、音楽CDなど多数のCDを読み込ませることができるのです。

ですので、読み込ませれるCDは数多く存在するのです。

私も当初、モンスターファームを買ったときには家にあるCDをとりあえずゲーム機の前に置いて、色々読み込ませて楽しんでましたね。

育成

「モンスターファーム1 公式」の画像検索結果

モンスターの育成も多数存在しています。

基本は通常のトレーニングで能力を上げていきます。

能力は

  • ライフ
  • ちから
  • 丈夫さ
  • 命中
  • 回避
  • かしこさ

6種類があり、トレーニングで上げていきます。

トレーニング内容によって、上がる能力、下がる能力がありますのでモンスターの得意分野を伸ばしていくのが基本的に良いと思います。

また、モンスターには甘え度やストレス、疲労度、寿命、体型があります。

甘え度が溺愛になるほど、トレーニングに失敗しやすくなり、能力も上がりにくくなってしまい、逆にスパルタ寄りだとストレスが貯まりやすく寿命も減ってしまい短命になってしまいます。

疲労度はトレーニングや大会などによって溜まっていき、疲労が高いほど怪我をしやすくなります。

体型は見た目以外に影響を与えないため、そこまで気にしなくても大丈夫です。

トレーニング以外にもモンスターを修行に出すことができます。

しかし、修行は1ヶ月分行うためその間ほかのことはできません。

修行は新しい技を覚えられる、唯一のトレーニング方法であり修行をしないと技を覚えないので可能なときは修行に出していきましょう。

修行地によって覚えられる技は変わりますので、覚えさせたい技によって修行地を変えましょう。

ただし、怪我をしやすいため油断は禁物です。

対戦方法

関連画像

対戦は前後に前進、後退しながら技を出していきます。

技にはガッツを消費する必要があり、消費ガッツは技によって様々です。

ガッツが溜まる速度はモンスターの種族によって溜まりやすさが変わります。

パワー系のモンスターほどガッツが溜まりづらい傾向にあります。

技の種類は遠・中・近の3種類にあり、それぞれの技は上下でスクロールし選択できます。

そして、相手のライフを0にするか時間切れのときに相手よりライフが高ければ勝ちます。

勝つにはガッツの使い方を考えながら戦う必要があります。

特殊なレアモンスター

モンスターファームには、特定のCDでしか出てこないレアモンスターが存在します。

例えば、リズムゲーム「パラッパラッパー」からは「ラクガキツー」というモンスターが現れます。

特定のCDということもあって、モンスターファームが発売された当初はすぐには攻略本が発売されるわけでもなかったので出た時にはビックリしました。

レアモンスターは見た目も特殊な見た目をしているので、友達に自慢したりできましたね。

モンスターファームまとめ

出典:移植版モンスターファーム公式より

モンスターファームはPSで発売されたモンスター育成戦闘ゲームです。

ゲームシステムには珍しい、CDを読み込ませてモンスターを生み出すゲームとなっています。

そんなモンスターファームですが、初代が移植版として2019年に配信されることが発表されました!

※移植版サイトはこちら

アプリとして配信されるのか、家庭用ゲーム機でDL版として配信されるのかまだ不明ですが、今後の情報に期待ですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください