MHWアイスボーン、新亜種モンスター追加!スキル内容調整も!

MHWアイスボーン、新亜種モンスター追加!スキル内容調整も!

MHWアイスボーン発売まで約1ヶ月となりました。

そんな中、メディア先行体験にて新たな亜種モンスターが3種類発表されました。

また、動画内容にはスキルに対しての新情報も出ましたので紹介していきたいと思います。

新追加亜種モンスター

まず、新たに登場した亜種のモンスターを紹介していきます。

1体目は、トビカガチ亜種です。

引用:INSIDEより

なんとも毒々しい見た目になったトビカガチですね。

実際に毒をプレイヤーに与えてきますし、新たに猛毒状態にしてくることがわかりました。

動画を見る限り猛毒状態になるには、特定の攻撃を食らう、毒状態中に毒攻撃を食らうと猛毒状態になる感じですね。

猛毒状態になると一気に体力が削られてしまいますので、解毒薬が必須になると思います。

また、口には麻痺効果を持った攻撃を仕掛けてきますので、麻痺と毒両方を持ったモンスターとなりました。

前の面影である雷の姿はどこかにいってしまったようです。

以下の動画を見ると猛毒状態の危険度がわかると思います。

2体目は、プケプケ亜種です。

引用:INSIDEより

プケプケと言えば、毒攻撃してくるモンスターでしたが亜種になったことにより水属性の攻撃をしてくるようになりました。

口からブレスをするほかに尻尾に溜めた水を噴射する姿を見る限り、攻撃を行いつつ移動も兼ねてる感じですね。

プレイヤーの操虫棍みたいな動きをしそうです。

また、水属性なので水属性やられによるスタミナ消費量大を受けやすそうですので、ウチケシの実が必要かもしれません。

以下の動画を見る限り、尻尾を切断すると行動を制限できそうです。

3体目は、パオウルムー亜種です。

引用:INSIDEより

見た目が蛾のように大きい目に見えるような模様が見えます。

威嚇するために使うのでしょうか?

パオウルムー亜種は、睡眠属性を持ったガスやブレスを仕掛けてきます。

睡眠ガスは一定時間留まるのですが、パオウルムー亜種自体が起こす風によって移動するようです。

避けたとしても油断しないように立ち回らないとすぐに寝てしまいそうです。

睡眠状態になると、一切の行動を制限されるので元気ドリンコで回復するか、睡眠無効を積んでいかないとスムーズな狩りができなさそうです。

以下の動画を見ると睡眠ガスの留まりが案外邪魔だということがわかるかと思います。

スキル調整情報

既存のスキルに強化、弱体化共に新情報を得ることができました。

まず、強化されたスキルを紹介していきます。

  • 見切り

会心率が大幅に上昇し、メインで持っていきたいスキルの第一候補になりました。

今まで弱点特効が見切りの代わりになったのですが、後で紹介しますが、弱点特効は弱体化が入ったので見切りがメインになりそうです。

会心率はLv6まで5%ずつ上がるようになり、Lv7だと40%になります。

  • 各属性攻撃強化

各属性攻撃強化値はレベルが1つ上がり最大Lv6になりました。

ですが、各属性攻撃強化は大体Lv3まででいいや、という感じでしたので、もしかしたら属性最大値が上がるのではないかと思います。

  • ひるみ軽減

今までのひるみ軽減はのけぞり無効化などの効果だけでしたが、操虫棍エキス効果一部効果上昇が追加されました。

武器専用スキルが追加されたのは、予想外でした。

今後、操虫棍使いのプレイヤーはひるみ軽減をつけていくと便利かもしれません。

どのくらいの上昇量なのかはまだわかりませんので、アイスボーンをプレイしてから味わうことになるでしょう。

  • 通常弾・通常矢、散弾・剛射、貫通弾・竜の一矢

これらのスキルは、スキルLvが追加されLv2まで強化することが可能となりました。

火力底上げを更に行えるようになるので、単純に火力強化となりますね。

  • 防御

防御スキルにも調整が入りました。

今まであまり採用される場面がなかった防御スキルですが、Lv3以降に倍率強化が追加されました。

Lv3~4で1.05倍、Lv5~6で1.08倍、Lv7で1.1倍となります。

防御力数値も若干調整が入っていますが、結果的には上昇量は上がっています。

次に弱体化したスキルを見てみましょう。

  • 弱点特効

弱点特効は、弱点部位に対して会心率が上がるスキルでしたが弱点部位に対しての会心率が下がります。

代わりにクラッチクローによる傷をつけた部位に対して追加で会心率が上がるように調整されました。

フルで弱点特効を使いたい場合は、クラッチクローで傷をつける必要が出てきそうです。

  • 火事場力

火事場力と言えば一定の体力以下になると、火力が大幅に上がるスキルですが、アイスボーンからは火力が下がり防御力が上がるスキルとなりました。

火力底上げスキルとしては、物足りなくなってしまいました。

防御を上げるスキルとしては、もしかしたら使えるかも?

  • 渾身

渾身はスタミナがMAXのときに会心率が上がる能力でしたが、スタミナMAX状態を一定時間維持しないと会心率が上がらないようになってしまいました。

すぐに効果が発揮されないようになってしまったので、これは痛い弱体化となりました。

  • 無属性強化

困ったら無属性武器と無属性強化スキルを持てば良いというほど強力な無属性強化がついに弱体化となりました。

まあ、当然と言えば当然かもしれませんね。

強化倍率が1.1倍から1.05倍へと減少しますので、優先してつけるスキルとしては物足りないスキルとなりました。

装衣調整

一部装衣にも調整が入りました。

それが転身の装衣です。

今までお世話になってきた転身の装衣の調整ですが、弱体化となってしまいました。

弱体化内容としては、攻撃を食らったときに効果時間も下がるようになりました。

この調整によって、転身の装衣だけに頼ることができなくなりました。

回避できる攻撃は回避していかないとすぐに効果が無くなってしまうようです。

ゴリ押しができなくなってしまったので、今まで以上に慎重な攻撃が要求されそうです。

今回の追加情報に思うこと

追加モンスター、スキル・装衣の調整と追加情報がいくつか発表されたMHWアイスボーン。

特に追加の亜種モンスターが発表されたときは、ワクワクしましたね。

スキル調整も入ったことで、優先度が変わったのではないでしょうか。

私自身、武器種は色々使うのですがメインは操虫棍なので、ひるみ軽減のLvに応じてエキス効果量が変わるのか試してみたいですね。

遠距離武器も使うので、各弾・矢の強化もありがたいです。

転身の装衣に弱体化が入ったのは、なんとなく来そうな予感はしていましたので、まあ妥当かな~と思いましたね。

転身の装衣とは別に不動の装衣もそれなりに使えるので、不動の装衣にも調整が入らないか不安です。

みなさんは、今回の情報に対してどう思いましたでしょうか。

あと約1ヶ月で配信されるアイスボーン、今後も楽しみに待つことにしましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください