カプコン作品同士が戦うクロスカードゲーム、TEPPEN

カプコン作品同士が戦うクロスカードゲーム、TEPPEN

8月8日にリリースされたカードゲーム、TEPPENはカプコン作品であるストリートファイター、モンスターハンター、バイオハザード等のカードを使って戦うゲームです。

今までにないカードゲームとして、注目されています。

まだ、リリースされたばかりですがカードバランスが良いと評判です。

バトルシステム

引用:TEPPEN HPより

TEPPENはターン制ではなくリアルタイムで進んでいくカードゲームです。

攻撃もリアルタイムで自動で進んでいきます。

カードをプレイするにはMPが必要で、時間が経過することでMPは回復していきます。

MP消費が大きいカードをいつプレイする等のタイミングが重要となります。

カードには「ユニットカード」と「アクションカード」の2種類があります。

「ユニットカード」は場に登場するカードで、攻撃力と体力が設定されています。

攻撃するタイミングはユニットカードから矢印が表示されるので、それを見ていつ攻撃するかがわかります。

「アクションカード」は攻撃力を上げたり、下げたり等様々な効果があります。

また、後に紹介するアクティブレスポンスが発生します。

対戦開始!アクティブレスポンス

ACTIVE RESPONSE
引用:TEPPEN HPより

アクションカードをプレイするとアクティブレスポンスが開始されます。

アクティブレスポンス中は、交互にアクティブカードを出していきます。

最後にどちらも出せなくなったら、最後に出したカードから効果が発動します。

この効果の発動順がTEPPENでは重要となります。

例えば、1.攻撃力1のユニットを破壊→2.攻撃力を+2するを順番に発動したとします。

そうすると、2.攻撃力を+2する→1.攻撃力1のユニットを破壊の順番に効果が発動します。

結果は、ユニットの攻撃力が+2されるので破壊効果が無効となり攻撃力+2されたユニットが残る、というわけです。

このようにアクティブレスポンスがTEPPENのキーとなるバトルシステムとなるわけです。

ヒーローを選んで戦え!

HERO ART
引用:TEPPEN HPより

プレイヤーはカプコン作品の特定のヒーローを選んで戦います。

ヒーローは「ヒーローアーツ」という必殺技があり、ヒーローごとに効果は違うので色々と試してみましょう。

今いるヒーローは以下になります。

  • ジル・バレンタイン
  • リュウ
  • リオレウス
  • エックス
  • 春麗
  • モリガン・アースランド
  • ダンテ
  • アルバート・ウェスカー
  • ネルギガンテ

ストリートファイター、モンスターハンター、ロックマン、デビルメイクライ、ヴァンパイアからのキャラクターがいます。

今後も同作品からヒーローが追加されそうです。

一発逆転!ヒーローアーツ!

各ヒーローに設定されている「ヒーローアーツ」は、APと言われるポイントを消費して発動します。

Shinku Hadoken
引用:TEPPEN HPより

APは消費したMPと同じ分増えていきます。

各ヒーローにヒーローアーツが3種類あり、プレイヤーはあらかじめその中から1つを決めておいて戦闘中に出すことができます。

自分のデッキに合うヒーローアーツ、戦況を有利にするヒーローアーツなど自分のプレイスタイルに合うヒーローアーツを決めましょう。

TEPPENまとめ

Edit Deck
引用:TEPPEN HPより

TEPPENは7月4日に欧米でサービスが開始されていましたが、8月8日に日本でリリースされたカードアプリゲームとなります。

カプコンの歴代作品がクロスオーバーして戦うカードゲームとして、注目されているアプリです。

まだ、リリースされたばかりなのでカードバランスなど調整中な感じも見受けられますが、十分楽しめるゲームとなっています。

今後の追加要素や調整内容に期待のゲームとなっています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください