自分だけの相棒を作る、メダロットのアプリゲーム解禁

自分だけの相棒を作る、メダロットのアプリゲーム解禁

メダロットは1997年代にゲームボーイで発売された知る人ぞ知るゲームです。

アニメ化されたこともある、メダロットは5種類のパーツとメダルを組み合わせて作られます。

パーツがあったとしてもメダルが無いと戦闘に出せないので注意しましょう。

メダロットとは?

メダロット2

メダロットは主人公にメダロットが渡されたところから物語がスタートします。

カセットであるカブトかクワガタによって、最初に渡されるメダロットが変わります。

その後は、仲間と共に数々の事件を解決しながら物語が進んでいきます。

道中のロボトルに勝つと相手のパーツを取ることができるので、そこでパーツ集めも可能でした。

メダロットの命であるメダルは、マップにある宝箱から取ったりイベントで受け取ったりすることができます。

手に入れられるメダルはカブトとクワガタで違うので、各バージョンをプレイしないとコンプリート出来なかった記憶がありますね。

特殊な戦闘システム

戦闘画面

メダロットはコマンドラインと呼ばれる場所でプレイヤーからの指示を待ち、中央のアクティブラインに到達することで、指示された攻撃を行います。

到達する速さはメダロットの脚部と地形によって左右されます。

脚部の種類によって得意、不得意の地形があるので場所によって脚部を変えるのも有りです。

通常の攻撃の他にメダロットには複数のコマンドがあります。

  • メダフォース

メダルに秘められた力を開放する能力。

ダメージを受けたり、ゲージを溜めるコマンドをすることでメダフォースゲージが溜まる。

メダフォースはメダルの種類によって変わります。

  • メダチェンジ

メダチェンジは特定のパーツだけで組まれたメダロットが使える変形コマンド。

メダチェンジ後は移動タイプや攻撃タイプが変わるのがほとんどです。

また、通常はパーツごとに体力が設定されているのに対し、メダチェンジ後は各パーツの合計体力となります。

しかしダメージを食らったときは内部的にダメージが割り振られており、メダチェンジ解除後は各パーツにダメージが入っています。

特にペナルティのない「シフト変形」と行動するたびにメダフォースゲージを消費する「パワー変形」の2種類があります。

  • メダスキル

基本的にはメダフォースと同じだが、戦闘中に1度しか発動できません。

アプリゲームとして登場!

メダロットの画像

そんなメダロットですが、今年の秋もしくは冬にアプリゲームとして配信されることが発表されています。

その名もメダロットS

まだ、細かいゲームシステムは発表されていませんが3vs3というメダロットの基本戦闘は明らかにされました。

メダロットのカスタマイズ画面も発表され、メダロットの基本システムはありそうです。

前述したメダチェンジやメダフォースが実装されるのかどうかはまだ不明です。

メダロットと言えばパーツ集めが中心になってきますので、それがどうなるのかですね。

アプリであることからガチャ要素になるのか、対戦相手からランダムでパーツをもらうのか今後に期待です。

メダロットまとめ

今年の秋冬に配信発表されたメダロットS。

パーツ集めとバトルが楽しいメダロットがアプリとなってどう変わっていくのか楽しみです。

とりあえず、私は今までクワガタバージョンを楽しんできましたので、アプリ版で最初に選べれるのであればクワガタを選んでいきたいですね。

みなさんは、どちらを選ぶでしょうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください